いびき・睡眠時無呼吸治療のページ。港区赤坂の歯科・歯医者なら、医療法人梓会 古畑歯科医院

電話をかける
いびき・睡眠時無呼吸治療

いびき・睡眠時無呼吸治療 sleep apnea syndrome

こんなお悩みはありませんか?

夜間日中
いびきを指摘される昼間の眠気がひどい
夜中によく起きてしまう疲労感や倦怠感が抜けない
何度もトイレに起きる起きた時に頭痛がする
寝汗をよくかく起きた時に口が渇いている

睡眠時無呼吸症候群とは?

睡眠時の無呼吸症状は、眠っている間に呼吸をしていない状態を何度も繰り返す病気です。
睡眠1時間あたりの無呼吸・低呼吸を合わせた回数が5回以上、さらにいびき・夜間の頻尿・昼間の眠気・起床時の頭痛・疲労感・倦怠感などの症状がある場合、睡眠時無呼吸症候群と診断されます。
高血圧になり、心筋梗塞など心臓血管系の病気、脳梗塞などの脳血管系の病気、糖尿病などになるリスクを高くすることがわかっています。精神的にも不安定になり、うつ病になることもあります。
院長は「日本睡眠歯科学会」創設メンバーの一人で、認定医・指導医として、第一線で治療に当たっております。

主な原因

顎が小さい:40%
肥満:35%
扁桃腺肥大:20%
肥満が主な原因だと言われていますが、日本では40%以上の方が肥満ではなく、顎が小さいことが原因だということが分かっています。
日本における睡眠時無呼吸症候群の潜在患者は1000万から1200万人前後ともいわれています。

治療の種類

当院では、睡眠時無呼吸症候群の歯科的治療として、2つの治療方法をご用意しております。

▶オーラルアプライアンス(OA)

「オーラルアプライアンス」というマウスピースを装着して、下顎を前に出して気道を広くします。これによっていびきや無呼吸が改善し、睡眠中の呼吸が正常になります。オーラルアプライアンスによる治療は多くの方に対して効果が期待でき、即効性も感じられる治療法です。

▶SHアプライアンス

顎が小さいために歯並びが悪く、いびきや睡眠時無呼吸症の症状をお持ちの方に効果のある治療です。就寝時に器具を装着して、いびきや無呼吸を改善します。歯列矯正治療ですが、抜歯の必要はありません。顎の拡大治療は小児の睡眠時無呼吸に効果がある場合が多いとされています。

オーラルアプライアンスによる
治療

睡眠時無呼吸症候群の歯科的治療としては、現在「オーラルアプライアンス(OA)治療」が広く普及しています。「オーラルアプライアンス」というマウスピースを装着し、下顎を前に出して気道を広くします。これによっていびきや無呼吸が改善し、睡眠中の呼吸が正常になります。

▶保険適用のOA

上下顎一体型のOAで、お口を動かくことはできません。お話をする時、咳やくしゃみをする場合は外す必要があります。鼻がつまっている時は口呼吸することができません。顎の位置の調節をする時は作り直すことになります。

▶ソムノデントMAS(自由診療)

ソムノメッド社の上下顎分離型のOAで、装着時の顎の動きを抑制しながらも、自由に口をあけるこことができるように設計されていますので、装着した状態でお話や咳やくしゃみをすることも可能です。鼻がつまっている時も口呼吸をすることができます。効果が不十分の時は、顎の位置の調整をして効果を改善することが簡単にできます。
※2年6ヶ月の保証期間があります。

▶ソムノデントAVANT(自由診療)

ソムノメッド社の新型OAです。ソムノデントMASを改良し、大きさが30%小さくなり、耐久性が20%向上しました。顎を左右に動かすこともでき、お口を大きく開きすぎないようになっています。装着した状態でお話や咳やくしゃみも可能です。鼻がつまっている時も口呼吸をすることができます。効果が不十分の時は、顎の位置の調整をして効果を改善することが簡単にできます。
※2年6ヶ月の保証期間があります。

まずは検査を

ご希望があれば検査モニターセットをお貸しいたします。内容は、検査機器と睡眠に関するアンケート用紙です。検査は、鼻の呼吸センサーで睡眠中の呼吸状態を、指先のセンサーで血中酸素飽和度や脈拍数などを計測します。脈波の状態で睡眠の質も調べます。胸につけたセンサーでいびき音の大きさ、寝ている姿勢もわかります。就寝前にご自身で検査機器を装着して起床後に取り外し、記入されたアンケートとともにご返却いただきます。検査の際に痛みや食事制限などはなく、普段通りの生活をしたまま行うことができます。

検査機器のご返却後、10日前後で検査結果をお知らせします。睡眠時無呼吸症候群が疑われる場合は、ご希望の地域にある睡眠専門の医療機関をご紹介いたします。睡眠専門の医療機関では必要に応じて精密検査を行い、より詳細な睡眠状態を把握して治療方針を決めていきます。

治療の流れ

問診・口腔内検査

患者さまのお悩みをヒアリングし、レントゲン撮影などを行い口腔内を検査します。
その際、むし歯や歯周病などがある場合は先に口腔内の環境を整えるため、治療を行います。

治療計画のご説明

検査の結果をもとに患者さまへ治療計画のご提案をさせていただきます。
保険適用か自由診療かなどのご希望も伺い、患者さまに選択していただく形でご提案させていただきます。


※保険適用をご希望の場合、連携の医療機関をご紹介させていただきますので、医科による紹介状をもらい再来院していただきます。

型取りと顎の位置決め

歯の状況やかみ合わせを正確に把握するために、精密な型取りを行います。
マウスピースの効果的な位置を決めるために顎の動きを計測し、記録を取ります。

OAの製作

患者さまにあったマウスピースを製作するために、専用のラボで製作しています。

完成・効果測定

マウスピースの装着方法、取り扱い方法などを説明し、お持ち帰りいただきます。その日の夜からご使用ください。
使用後1ヶ月ほどでマウスピースの使用状況などのチェックを行います。毎晩朝まで使用できるようになりましたら、効果判定の検査を行います。

自由診療の料金表

ソムノデントMAS168,300円(税込)
ソムノデントAVANT176,000円(税込)

連携機関一覧(50音順)

青山・表参道 睡眠ストレスクリニック
赤坂おだやかクリニック
赤坂虎の門クリニック 呼吸器内科
赤坂一ツ木通りクリニック
池上内科循環器内科クリニック
池袋睡眠クリニック
池松武之亮記念クリニック
いつき会 ハートクリニック
上野睡眠クリニック
梅ヶ丘駅前クリニック
大阪大学歯学部附属病院 顎口腔機能治療部
太田総合病院 睡眠科学センター
おおわだ内科呼吸器内科
御茶ノ水呼吸ケアクリニック
春日クリニック 循環器科
片平歯科クリニック
要クリニック
上大岡内科・呼吸器科クリニック
神尾記念病院
亀田京橋クリニック
グッドスリープクリニック
恵泉第二クリニック
厚生中央病院 耳鼻咽喉科
国際医療福祉大学三田病院 呼吸器センター
国立病院機構京都医療センター 歯科口腔外科 
小林医院
駒ヶ嶺医院 睡眠外来センター 睡眠呼吸外来
新宿睡眠メディカルクリニック
心臓血管研究所付属病院
神宮前耳鼻科クリニック
順天堂大学医学部付属 順天堂医院 睡眠・呼吸器センター
睡眠総合ケアクリニック代々木
杉山耳鼻科クリニック
スリープ&ストレスクリニック
スリープ・サポートクリニック
世田谷下田総合病院
世田谷通り桜内科クリニック
田口クリニック
千葉大学医学部付属病院 麻酔・疼痛・緩和医療科
帝京大学医学部附属溝口病院 耳鼻咽頭科
Dクリニック東京 ウェルネス
徳永呼吸睡眠クリニック
戸田中央総合病院
東京慈恵会医科大学付属病院 循環器内科
東京女子医科大学附属病院
東京疲労・睡眠クリニック
東京ミッドタウンクリニック
虎ノ門スリープクリニック
虎ノ門とうまクリニック
虎の門病院 睡眠呼吸器内科
中澤プレスセンタークリニック
仲村医院
仁保医院
日本歯科大学附属病院
日本大学歯学部付属歯科病院
日本橋循環器科クリニック
溝の口駅前睡眠クリニック
宮本内科医院
ゆみのハートクリニック
よつば耳鼻咽喉科
RESM新横浜 睡眠・呼吸メディカルケアクリニック